3rdアルバム『Re:Sense』7/21発売決定 >>

髙橋海人 出演「ドラゴン桜」最終回の視聴率発表!Blu-ray&DVD発売も決定!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6/27(日)に放送された 髙橋海人くん出演ドラマ「ドラゴン桜」第10話 最終回の視聴率が発表されました!

第10話 最終回の平均世帯視聴率は、20.4% を記録しました!

『ドラゴン桜』最終回は20.4% 全話二桁&最高視聴率で有終の美| Yahooニュース

初回14.8%、第2話13.9%、第3話12.6%、第4話14.3%、第5話13.8%、第6話14.0%、第7話14.4%、第8話14.6%、第9話15.4%、そして最終回を最高視聴率で締めくくりました!

「ドラゴン桜」は 前作が2005年に放送、阿部寛さん演じる主人公・桜木建二が、低偏差値の私立龍山高校を超進学校に生まれ変わらせようと奮闘する物語。

今作の舞台では その15年後が描かれ、生徒・瀬戸輝 役で海人くんが出演しました!

TVerで第10話 最終回の期間限定無料配信も開始されています!Blu-ray&DVDも発売決定!

ドラゴン桜(2021)|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」- 無料で動画見放題
2次試験が迫る中、桜木(阿部寛)は、ますます厳しい状況に追い込まれていた。学園買収には教頭の高原(及川光博)が関わり、坂本智之(林遣都)と米山圭太(佐野勇斗)も加担していた。水野(長澤まさみ)は心を痛め、久美子(江口のりこ)は「生徒たちのために奇跡を起こして」と桜木に頼む。一方、共通テストで思うような点数が取れなかった...

 

Blu-ray&DVDも予約開始されています!

ドラゴン桜 (2021年版) 注文ページ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
髙橋海人ドラマ
\この記事をシェア/
\フォローする/
ティアラ城(情)報
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました